ODMや化粧品OEM製造で請負依頼が商品開発にベストなチョイス

工場

面倒なことはお任せ

ボトル

手続きは代行に依頼

海外製品のいいところは、日本にはないコンセプトと斬新なデザインなどが活かされていることです。特に女性モノのコスメは人気が高く、わざわざ旅行先でたくさん買い込んだり海外サイトを利用して定期購入したりされる人もいます。こうした人気のものなら、ぜひ、ビジネスチャンスとして取り入れたいという企業は多いので、輸入を行ないたいという声もあるはずです。ただ、海外製品の輸入は仕入先の選定をはじめ、輸入にかかる手続きなど複雑なステップがあります。さらに、成分調査や法定書類の手続きなどがあるので、経験のない企業が参入することが難しい分野です。しかし、化粧品輸入代行を利用すればこの手間はかかりません。化粧品輸入代行は、本来行なわないといけない手続きから検査まで一貫して委託することができるので、取り扱いたい製品の仕入れも簡単になります。

取り扱いが難しい

化粧品輸入代行を利用することが良い理由の中で最も大きなものは、薬事法の観点です。実は、日本での化粧品販売は薬事法の影響を受けるものがあり、この法律に反するものは販売できません。つまり、海外では当たり前のように販売されている製品であっても、日本の薬事法にひっかかる場合は販売の許可がおりないわけです。
また、海外製品を取り扱う場合、「化粧品製造販売業許可」もしくは「化粧品製造販売業許可」が必要になります。このあたりも事前に確認せず輸入をすれば、罰則の対象となることでしょう。安全かつ確実に取り扱いたいなら、化粧品輸入代行を利用するのが一番です。